第一部「花と佐渡をうたった作品」

若林 柳一 選  応募総数 305句

特  選 新潟県佐渡地域振興局長賞

朱鷺の舞う 佐渡の息吹よ花暦  大塚 一由 (五泉市)

準特選  佐渡観光協会理事長賞

初産は 柿の花咲く佐渡の里     山本 誠子   (阿賀野市)

準特選 佐渡・花の島プロジェクト実行委員会長賞

佐渡おけさ 踊るその手は百合の花  泉 克弘    (新発田市)

秀   句

彼岸花 燃えて篝火能舞台         中村 由輝子 (三条市)

カンゾウも 合いの手入れる佐渡おけさ   塩田 悦子  (阿賀野市)

四季の花 添えて持てなす佐渡訛り     椎野 一二  (佐渡市姫津)

神様の 使者朱鷺たちは花の彩       吉田 甚吾朗 (燕市)

カンゾウに 恋をしましたIターン     坂田 康雄  (新潟市西蒲区)

佳  作

青い海 佐渡の花ですたらい舟      馬場 ゆき子 (五泉市)
カンゾウに 抱きしめられる大野亀    金安 亜佐子 (長岡市)
カンゾウと 夕日は佐渡でかくれんぼ   藤田 志の  (新潟市中央区)
貴船菊 京の訛りの佐渡ことば      本間 道子  (佐渡市相川下戸村)
島の旅 朱鷺と花とが道しるべ      本間 進   (佐渡市羽茂飯岡)
つぶろさし コスモス楽しそうに揺れ   川合 笑迷  (新潟市中央区)
佐渡に来て ヒトリシズカとランデブー  新井 照夫  (新潟市西蒲区)
真野の宮 月も横目の夕桜        後藤 芳則  (佐渡市窪田)
長谷寺の あじさい咲いて雨もよし    内藤 美紗子 (長岡市)
御所跡の 都忘れは京を向く       清水 勇   (佐渡市千種)
切々と 岩百合語る佐渡哀史       丘野 旭   (新潟市江南区)
絶景の 棚田にそよぐ稲の花       北見 芳江  (佐渡市吾潟)
ゆらゆらと 獅子が除け行く秋桜     金子 トシ子 (佐渡市豊田)
佐渡の花 眺め夫婦の花談義       田中 セイ女 (新潟市中央区)
花に酔い 情にまた酔う島の旅      本間 進   (佐渡市羽茂飯岡)

薪能の 火の粉で化粧曼珠沙華       泉 克弘   (新発田市)
トライアスロン 佐渡で真っ赤に燃えた花  三浦 五十弥 (新発田市)
ときわ丸 待つ姫崎の山桜         仲山 實   (新潟市北区)
佐渡の百合 咲いてあなたを待っている   小栗 正和  (小千谷市)
佐渡百合の お茶目ポケモンGOが好き   千葉 泰行  (加茂市)
丘一面 カンゾウの波佐渡の夏       泉 克弘   (新発田市)
姫さゆり 島を離れた娘を想う       山宮 貞資  (燕市)
佐渡の四季 花は毎日見頃です       湯井 祥人  (新潟市中央区)
岩百合も 世界遺産を待っている      三岡 蘭子  (燕市)
地味に咲き 豪華に実るおけさ柿      鶴巻 大六  (加茂市)
岩百合が 手招きをする花の佐渡      諸橋 文男  (長岡市)
朱鷺は朱鷺 子も殖やそうよ桃の花     髙埜 健蔵  (佐渡市滝脇)
流人との 縁を忘れぬ佐渡の花       安藤 恥目  (長岡市)
都草 遠流の島に咲きつづけ        大蔵 靖子  (佐渡市貝塚)
またこいや 花とおけさと朱鷺が待つ    本間 ミネ  (佐渡市羽茂飯岡)

第二部「花をうたった一般作品」

五泉:山倉 洋子 選  応募総数 335句

特  選  新潟日報社長賞

恋心 バラ一本に語らせる   湯井 祥人  (新潟市中央区)

準特選  NHK新潟放送局長賞

花の乱 一人娘が嫁すという    吉田 甚吾朗  (燕市)

準特選 新潟県川柳連盟会長賞

花八ツ手 私も越えた祖母の齢   武田 笙子   (新潟市中央区)

秀   句

廃校の すすきも踊る盆太鼓      仲山 實  (新潟市北区)

ああこれが 雨の匂いね藤の白     山田 雅子 (新潟市中央区)

曼珠沙華 みんな開いてさあ戦     星井 五郎 (新潟市西蒲区)

仲直り しました花を活けました    斎藤 和子 (新潟市西区)

秋桜 夕日と語る独り言        椎野 一二 (佐渡市姫津)

佳  作

近づくと 少年だった青い薔薇     鈴木 京子  (静岡県伊豆の国市)
ワンカップに 花を活けてる父の墓   高木 かおる (新潟市中央区)
稲の花 二男が跡を継ぐという     塩田 悦子  (阿賀野市)
ごもっとも ですなあどくだみの悩み  野島 正夫  (三条市)
明日もまた 一歩前進立葵       中村 由輝子 (三条市)
丹精の 花が余生を太らせる      田中 セイ女 (新潟市中央区)
貧農の 父を語れば稲の花       髙埜 健蔵  (佐渡市滝脇)
迷ったら 花の咲いてる道を行く    山宮 貞資  (燕市)
たんぽぽや 吹かれ上手な妻と生き   髙埜 健蔵  (佐渡市滝脇)
なんだかんだと 桜は楽しそうに散り  川合 笑迷  (新潟市中央区)
捩摺草 まっすぐ生きてきたつもり   本間 道子  (佐渡市相川下戸村)
りんどうの 薄むらさきが微熱呼ぶ   藤塚 貴映子 (新潟市中央区)
華やかに 生きよと命名花の文字    村田 華埜  (三条市)
花びらが 散るようにぬぐきぬの服   中村 和星  (長岡市)

一生を 花と語りて花に終え     北見 芳江  (佐渡市吾潟)
生き方も どこかにている独活の花  本間 ミネ  (佐渡市羽茂飯岡)
山姥の 髪にみえたよくりの花    本間 進   (佐渡市羽茂飯岡)
内定に ネイルのサクラ咲かせます  坂田 康雄  (新潟市西蒲区)
ポンと音 たてて桔梗が咲きました  川上 芳美  (三条市)
朝顔に 朝の気構え教えられ     三葉 祐樹  (新潟市中央区)
花めぐり だんだん花になっていく  高木 かおる (新潟市中央区)
野仏と 一夜語った曼珠沙華     江口 てるお (燕市)
屈託を 風に任せて秋桜       小林 恒雄  (南蒲原郡)
帰ろうね 甘草の道夕やける     石岡 ひろ子 (上越市)
この中に 僕もいるはずカスミ草   丘野 旭   (新潟市江南区)
朝顔を ひねもす見張る夏休み    飯田 のぶお (佐渡市中興)
記念樹の 桜は僕と背くらべ     大蔵 靖子  (佐渡市貝塚)
五輪です 桜咲いたり乱れたり    泉 克弘   (新発田市)
可も不可も 春は桜の日本国     泉 克弘   (新発田市)
来年の 約束をする花の下      斎藤 和子  (新潟市西区)

第三部「花をうたった小学生の作品」

新潟:真壁 芳朗 選  応募総数 355句

特  選 佐渡市長賞

朝顔を 見た私もいいえがお    井藤 あかり 小木小3年

準特選  佐渡市小中学校PTA連合会長賞

ぼんおどり ゆかたの花もなかま入り  中平 夏鈴   松ヶ崎小5年

準特選 佐渡テレビジョン賞

朝顔に ラジオ体操見送られ      服部 華穂   畑野小6年

秀   句

あさがおさん いつもはやおきたいへんでしょ  まつだ よしき   真野小1年

めがあって じてんしゃとめたしろいゆり    おおさわ みくと  沢根小1年

来年も また会いましょう種をとる       山岸 芽生     燕市分水小5年

花たちも 後世に命つないでる         金子 智弥     沢根小6年

ひまわりは 私を見あげにらめっこ       中川 莉和     畑野小6年

佳  作

ききたいな スズランゆれるおんがくたい   ほんま はな  羽茂小1年
はいどうぞ まいにちみずやりなつやすみ   本間 ちあき  前浜小2年
あさがおの かんさつつづけた夏休み     坂 さあや   前浜小2年
ふきのとう 雪をもち上げちからもち     くらうち 茉優 八幡小2年
あじさいが かさといっしょにさいている   井藤 あかり  小木小3年
ひまわりが 近くで見まもるおにごっこ    髙野 尚智   小木小3年
わたしにね はなしかけてるひまわりが    若林 夏花   小木小3年
はかまいり じいじの好きなてっぽうゆり   うす木 みさ  真野小3年
出かけるの 花のスカートお母さん      うす木 みさ  真野小3年
月下美人 今夜の月と見つめあい       大久保 伊織  真野小3年
お花はね 声を出さずに庭にいる       大橋 理心   燕市分水小3年
お父さん おこるとバラのトゲのよう     山岸 蒼空   燕市分水小3年
花でもね 一つ一つにこせいある       木下 幸    松ヶ崎小4年

ひまわりさん まぶしくないのたいようが  野口 心晴  両尾小4年
金魚ばち 中の金魚はまるで花       頓所 健太  燕市分水小4年
花よりも きれいなきれいなお母さん    岡田 美桜奈 燕市分水小4年
さくらさき 一年生をむかえてる      加藤 幸穂  沢根小4年
ひまわりを 見に来る人もわらってる    加藤 夢花  金井小5年
花の上 チョウさんたちがティータイム   山岸 芽生  燕市分水小5年
カンゾウは 佐渡を感じるお花だよ     鈴木 佳太  松ヶ崎小6年
はすの花 下にはレンコン付いてます    脇坂 拓真  前浜小6年
あと少し 稲穂も波うつ佐渡が島      野﨑 耕太  沢根小6年
風に乗り 秋を知らせる金木犀       石塚 光   沢根小6年
花言葉 相手の気持ちがつまってる     金子 智弥  沢根小6年
新学期 毎年桜もお出むかえ        大和 彩華  沢根小6年
どの花も やさしい心持っている      皆木 凛香  燕市分水小6年
花たちは くきも葉っぱもみな家族     皆木 凛香  燕市分水小6年

第三部「花をうたった中学生の作品」

新潟:菅原 孝之助 選  応募総数 262句

特  選  佐渡市教育長賞

飛ぶ蝶の 羽に纏った花模様    山本 美菜美 相川中3年

準特選  佐渡市公民館長賞

つぼみから 咲きこぼれてく笑顔だね  佐々木 美月  相川中2年

準特選  佐渡テレビジョン賞

誰もいない ここに立つのは僕と花   本間 智也   相川中1年

秀   句

夏の夜 火の花咲いた夏祭り       池田 伊吹   高千中2年

花が咲き 花のむく方君の顔       前田 一徹   高千中3年

見つけてよ 日陰で咲いたこの僕を    本間 香乃   相川中1年

ひまわりと せつなく終わる夏休み    岩﨑 光希   相川中2年

これからも 君の笑顔を咲かせたい    宇田 なつみ  相川中3年

佳  作

青春に 君という花必要だ        野田 一斗  相川中3年
赤ちゃんの 笑顔が大きく花開く     坂下 彩   高千中2年
トキが舞い かんぞうが咲く佐渡ヶ島   岩﨑 静香  相川中2年
ひまわりは いつも誰かに笑ってる    本間 香乃  相川中1年
花がちる その時ホッとする自分     須田 紀良璃 高千中1年
白い中 ぽつりと咲いた雪ツバキ     中川 佳香  佐渡中等3年
片恋よ わたげと共に飛んでゆけ     室岩 葵   高千中3年
カンゾウは 佐渡ヶ島を染める花     山本 茉央  相川中2年
ひまわりの ように上向き生きてゆく   今井 真琴  相川中1年
花の声 聞こえないけど感じるよ     大地 春哉  相川中1年
向日葵が 太陽向いてる夏のサイン    瀧下 美鈴  高千中3年
春先に 君が笑えば花が咲く       前田 一徹  高千中3年
カーネーション 母への感謝おくりたい  有田 莉子  相川中3年
始まりを 祝う桜の花吹雪        宇田 陽飛  相川中3年

キレイだね 君と見た花忘れない    金光 琉花  相川中3年
花が咲く 君の瞳に乾杯だ       濱本 玲音  相川中2年
大切な お花みたいなきみの顔     坂下 清流  相川中2年
花言葉 花にあったメッセージ     古藤 栞   相川中1年
アサガオは 満潮とともに花ひらく   岩﨑 尊   相川中1年
志望校 合格の花咲かせたい      有井 唯   相川中3年
ありがとう 母に送るばらの花     田中 咲良  相川中2年
胡蝶蘭 届くといいな花言葉      石塚 珠鈴  相川中3年
ひまわりは 君の笑顔を思い出す    倉田 晶己  相川中3年
我が家から ふわりと香る金木犀    末武 美恵  相川中3年
あじさいが 梅雨の季節を色づける   中川 勇寿  相川中3年
花の声 もしあるのなら何さけぶ    原 唯人   相川中3年
ヒマワリは 今年の夏も片思い     三浦 凌雅  相川中3年
走りこめ 努力の分だけ花が咲く    山本 中   相川中3年
花ひらく 日の出をのぞむ朝の顔    川口 朋楓  高千中2年
まんかいに さくらはさくよ春休み   北村 立月  相川中2年