DAXにはアップマフラーがよく似合う・・・
と常々思っていた私は「いつか高性能なアップマフラーを・・・」と夢見てました。
そして!ついに念願かなってやって来たのがレガスピードのアップマフラー(^o^)丿

どうしてレガスピードのものを選んだのか?
他になかったから・・・なんて単純な理由じゃありませんよ!って半分それもあるけれど(^^ゞ
もう、DAX専用のアップマフラーを作ってるメーカーってだけでうれしいじゃありませんか!

さて、やって来たアップマフラー!
車体に絡みつくようなエキパイとかち上がったサイレンサーがたまりません(~_~)
取り付けは多少の加工が必要でしたがほぼ問題なし。
セッティングの方もちょこっと苦労しましたが一度決まればホント気持ちよくまわってくれます♪
音はけっして静かな部類ではないけれど・・・(^^ゞ

なにはともかく!自称アップ派にはお奨めですよ〜


 ・ 取り付けはこんな感じ!

ステー

まず、ステーの角を丸く削りました。
どっちでもいいようなところですが気になるもので・・・(^^ゞ

ちなみにエキパイの素材はスチール製、
サイレンサーはアルミ製です。



アダプター

車体への取り付けはノーマル用アダプターを使用しました。
当初ついてたノーマルマフラーは朽ち果てていたので
すぐに捨ててしまったのですが
なぜかアダプターだけはとってあったんですよね〜(^^)

持ってたかいがありました!(笑)



ウインカーステー

ここで問題発生・・・
あろうことかウインカーがサイレンサーとぶつかります(-_-;)
(ノーマルなら問題ないのかな?・・・)

そこで、アルミ板でウインカーステーをつくりました。
シートとサイレンサーの隙間が狭いので位置決めは慎重に!
ちなみに私は失敗しました(^^ゞ



ウインカーステー2
出来上がったウインカーステーとその周辺

上の画像であけてる穴が余計な穴・・・
ボルトで塞いでごまかしています(^^ゞ

サイドのプレートを出来るだけ高くしておくと
配線の目隠しにもなります♪


エキパイ

エキパイのとりまわし具合は絶妙!
キックの形状によっては干渉するそうですが
私の場合は大丈夫でした。

上手くやれば?タンデムも可能です(^^)



カッコイイ〜♪

全体のシルエットはこんな感じ!
足元がスッキリした感じでしょ(^^)

私は右斜め後ろからの眺めがお気に入りです♪





 shibaの曖昧インプレ・・・

まずは排気音♪

レーシングマフラーと言うだけあってけっして静かな部類ではありません
わりと低音が効いているのでそんなに耳障りではないかも・・・(^^ゞ
ちなみに私のものはノーマルのバッフルが
社外のエンドピースに変わっています。
このエンドピースを取り外すとほぼ直管仕様になりますが
もの凄い爆音でとても乗れたものではありません・・・(-_-;)

エンドピース
卵を切ったような不思議な物体・・・
これが
社外のエンドピースです。
刻印を見ると「D・I・C」・・・ってことはダイシン製?

取り付けると3ヶ所からの排気にしぼられ
音・抜け・ともにちょうどいい具合になります♪

 
左の画像にカーソルオンで装着!



お次はセッティング!

吸排気系のセッティングってなかなか大変ですよね。
トライ&エラーの繰り返し・・・まぁ〜それも楽しみの内なんですが(^^ゞ
ここでは、参考になるかどうかわかりませんがセッティングの様子をのっけておきますね。
ちなみに基本構成は次のとおりです。

エンジン 早矢仕の85
キャブ 京浜PC20
マフラー レガのアップマフラー
スプロケ F16・R31
ミッション 4速クロス

エンドピースありの場合

エンドピースを付けて、キャブはいじらずそのまま乗ってみたらこれがなかなかいける♪
加速もスムーズだし上まできっちり回ります!ちなみにこの時のMJは92番。
ここで欲が出てもう少し濃くすればパワーが出るのでは?と思い
95番、100番、105番と試してみましたが、どれも上はいいけど下でボコついてだめ・・・
それではと90番、85番、80番も試してみましたが今一トルク感がなくプラグも焼け気味。
そこで、もとの92番に戻してみたところこれが一番調子いい!
なんてこった〜・・・(+_+)

エンドピース無しの場合

ものは試しとエンドピースを外してみました・・・
MJを95番、100番、105番と上げていったところ、どれも下はすっかすか・・・(+_+)
しかし!一度ヌケるともの凄い加速でメーター振り切り(・o・)
でも扱いにくいったらありゃしない・・・とても街乗りでは使えません。
音もかなりやばいです・・・(^^ゞ


←BIKEへ戻る