6Vダックスの12V化

提灯のようなヘッドランプに、蛍の光を想わせるニュートラルランプやウインカー・・・
さらには上がりやすいバッテリーと、その弊害による恐怖の連続球切れ・・・
6V電装のダックス乗りならこんな経験の一度や二度はありますよね!?
「古いんだからしょうがない・・・」と言えばそれまででしょうが
これでは夜間の走行は億劫になるし、なによりも危険 (ーー;)

そこで、改善策のひとつとして以前から気になっていたのが
純正部品を流用しての12V化!
これがうまくいけば12V用の電装品(ランプ、ホーン、etc)が使えるのはもちろん
高性能なレギュレートレクチファイヤの使用により安定した電圧供給が期待出来る。
さらにはMFバッテリーを搭載すれば保水などの頻繁なメンテナンスとはさようなら〜
しかも、純正部品の流用だからきっとリーズナブルなはず?

ということで、電気の勉強も兼ねて6Vダックスの12V化に挑戦です。




 この12V化にあたっては次のサイトを参考にさせて頂きました m(__)m
  ・ otaqeさんのHP 「O'TAQE の工房へようこそ!」

 進め!12V化への道

 ● 配線図で現状(6V仕様)をチェックし12V化の目的を確認

配線図
6Vダックスのサービスマニュアルを用意し、配線図を見ながら
現状(右画像)の状態をある程度理解しておきます。

できればカブやモンキーなどホンダ系12V仕様車の
サービスマニュアルがあると、レギュレーターを新設する際
取り付け位置などが理解しやすくて便利です。
ちなみに私はタイカブ用のものを用意しました。



6V電装

6V仕様ではジェネレーターからの交流電圧をセレン整流器や
ダイオードなどで直流に変換するだけで電圧制御はなし!?
発電量が多い時はバッテリーに充電する事でバランスを取るのです。
そのためバッテリー液の減少が早く、そのまま気付かずに乗ってると
バッテリーに充電出来ず過電流で連続球切れとなるらしいのです(ーー;)


そこで、セレン整流器のかわりに12V用のレギュレーターを設置して
電圧の安定化を図り、バッテリーやウインカーリレーなどの電装を
12V用に換装して性能アップ!というのが今回のねらいです。



 ● ジェネレーターの発電能力を確認

発電量の確認
まずジェネレーターからの発電量を調べます。
これが12V以下では最初から無理ですからね・・・
チェックの方法はジェネレーターからの黄色線(灯火系)
とアース間の電圧(整流前なので交流)を計ります。

ちなみに、私のダックスの場合
アイドリング時では12Vに達しませんが
ちょっと回せば25V前後まで上がるみたいなので
とりあえず大丈夫という事にしておきました・・・(^^ゞ




 ● 12V電装パーツの用意と6V電装の取り外し

新旧電装
6Vの電装(バッテリー、セレン整流器、ウインカーリレー)
をバッテリーケースごと外します。

そして、それに代わるパーツとして
LONG製12VMFバッテリー(秋月電子)、
12V用レギュレートレクチファイヤ(ホンダジョルノ用)、
12V用ウインカーリレー(カブ用)、
12V用ランプ類、12V用ホーン、10Aのヒューズ
あとは、配線加工に必要なハーネスや端子等を用意しました。




 ● 4極カプラーへの配線追加作業

黄色線の追加

ジェネレーターからの黄色線(灯火系)に新設する
レギュレーターへ接続するための配線を1本追加します。
ちなみに、もとの一本はヘッドランプへ向かいます。

今回は4極カプラー(車体側)の端子を抜き取り、
黄色線の端子に同じ色の追加線(黄色)を一緒にかしめました。

ジェネレーターへのコネクター

配線の追加作業が終わったら端子を元に戻します。
くれぐれも端子を差し込む場所を間違えないで下さいね!


この際、12V化とは関係ありませんがポイント調整用として
黒線(点火系)にも配線を1本追加しておきました。
先端を車体の上方まで伸ばしておき
テスターに接続し易いようにするためです。




 ● レギュレートレクチファイヤへの配線

レギュレーター
右の図はレギュレートレクチファイヤを手前から見たものです(^^ゞ
今回はヤクオフでゲットしたホンダのスクーター「ジョルノ」用を流用しましたが
ホンダ系50cc(12V仕様)くらいのものならどれでもいいようです。

私のダックスの場合、接続は下図のようにしました。
接続する配線同士、色が異なるものがあるのでご注意を!
とくに白(2)に接続する車体側の緑線はアースと同じ色なので要注意です。

セレン整流器へ接続してあった赤白線(バッテリー側)
セレン整流器へ接続してあった緑線(ジェネレーター側)
先に追加したジェネレーターからの黄色線(灯火系)
車体へアース接続

※ 必ずしも全てのダックスに当てはまるものではありません・・・



取り付けは車体の右側にボルトで固定しました。
この位置ならばシートにも干渉せず風通しもバッチリです。
しかし、泥はねや雨水に対しては・・・汗

接続は平端子で直接レギュレーターに接続してもいいのですが
今回はもとのハーネスを生かし、それぞれにギボシを追加して
フレームの中(バッテリー後部)で接続しました。





 ● バッテリーの取り付け

バッテリーケース加工
バッテリーが大きくなったので、置き場所を考えます。

今回搭載したバッテリーは秋月電子さんで扱ってる
LONG製完全密封型鉛蓄電池 (12V 4.5Ah)
バイク専用ではありませんがいけそうなので試してみました(^^ゞ
ちなみに価格は1,700円!とてもリーズナブルです♪

さて、これが6Vバッテリーと並べてみたら横幅がほぼ同じ!?
そこで元のバッテリーケースを途中で切り離し縦幅を延長。

リレーステー流用
切り離したバッテリーケースを車体に取り付け
バッテリーを置いてみたところなかなかグッド〜(^o^)丿
振動対策としてバッテリーの下にスポンジパッドを貼り付けたら
ほとんどガタもなくぴったりと収まりました♪

ウインカーリレーステーが付いた片割れも使えそうなので
強力な両面テープでバッテリーに直接貼り付けました。

バッテリーはもとの配線(+赤、−青)に平端子を追加して接続。
ただし、ヒューズは10Aのものに交換しておきました。




 ● ウインカーリレーの取り付け

ウインカーリレー
ウインカーリレーはカブの物(新品)を流用!
ラバーステーにちょうど具合良く爪が引っ掛かり
期せずしてフローティングマウント完了♪

ちなみに、手前に見える配線はレギュレーターからのもので
ウインカー用の配線はその下にあります。



ウインカーリレーの接続

接続は6Vのリレーに接続してあった配線(赤と灰色)を
端子だけ平端子に付け替えそのまま使用。
極性(B・・・バッテリー、L・・・ライト)がありますので良く確認します。

私は最初逆にしてしまい作動しませんでした(^^ゞ







 ● 12V用ランプ・ホーンへの換装

12V用ホーン
12V化に伴いランプ類やホーンも12V用に変更します。

ホーンは手元にあったスクーター用?のものを流用し
ノーマルのホーンステーに取り付けました。

オフセット具合が私のお気に入りです(笑)
メーターランプ


ヘッドランプやウインカーランプに加え
メーター内のランプも忘れずに12V用へ交換します。

ランプのW数はタイカブのマニュアルを参考にしましたが
使用するウインカーリレーなどによっては
W数が変わってくることもありますのでご注意を!





 ● とりあえず出来た〜(^o^)丿
12V化後の外観

12V化に必要なパーツを全て搭載し接続作業完了!
すると右画像のような状態になりました。

最初の6V仕様の状態と比べてかなり隙間がなくなりました。
その分、何かやってくれそうな気がするのは
実際に作業した私だけでしょうか・・・(^^ゞ
再販シート

余談になりますが・・・
6Vより高さのある12Vバッテリーを搭載する際は
再販DAX(12V仕様)のシートを流用するのがお奨めです。
センターラインが最初から12Vバッテリーに合わせて
大きく凹んでいるので干渉する心配がなく便利ですよ♪
ただし、ロックする方法が違うのでステーなどでの加工は必要です。






 ● おまけ・・・12V化の費用

ケチな話かもしれませんが気になるところですよね・・・かかった費用(^^ゞ
そこで、今回の12V化を例にとりご紹介します。

   
レギュレートレクチファイヤ(12V用) ヤフオクにてゲット!ジョルノ用ハーネスのおまけ!? 1,110円
ウインカーリレー(12V用) 上のハーネスに付いてなかったのでカブ用を新品で購入 2,300円
12Vバッテリー 秋月電子にて購入。とてもリーズナブル! 1,700円
ランプ類(12V用) 30/30W×1、10W×4、3.4W×3、18/5W×1 1,200円
ホーン(12V用) 近所のおじさんからもらった50ccのスクーター用 0円
カプラー、端子、ハーネス 家にあったものを使用 0円
送料 ヤフオク500円、秋月電子1,000円 1,500円
合計 多少の誤差はご勘弁下さい(^^ゞ 7,810円

どうです?このくらいで済めばなかなかでしょ(^^ゞ




 ■ 12V化してどうなった・・・?
    
    12V化って聞くとなんだか全ての性能がアップするような気がしませんか?
    私も以前はそう思っていたのですが、それは間違い・・・
    馬力や最高速がいきなり上がったりするなんてことはありませんよ!
    改善されるのは灯火系(とくに信号系)と充電系のみです(^^ゞ
    
    今回の作業で効果があったのは、目に見えるところでは
    12V用ランプやウインカーリレーへの換装による照度アップと確実な作動!
    今まではアクセルを吹かさないと点滅しなかったウインカーが
    エンジンオフの状態でも元気に明るく点滅してくれます♪
    それに合わせてニュートラルランプがホタルのように点滅する事もありません。
    ぺこっ・・・で終わりだったホーンもうるさいくらいに元気です(>_<)

    あと、目に見えないところでは充電性能の向上!
    テスターで計ってみるとアイドリング時ではやや頼りないものの
    少し回せば13V前後で安定しています。
    そして、MFバッテリーを使用したことによるメンテナンス性の向上。
    これで保水作業がなくなると思うと少し寂しいです・・・(ウソ)

    ただ、ひとつ残念だったのはヘッドランプ・・・
    エンジンオフの状態でもライトスイッチオンで点灯するものだと思ってたのですが
    ヘッドランプはジェネレーター電源のままなので点かないんです(ーー;)
    アイドリング状態で暗く不安定なところも以前と変わり無し・・・
    でも、W数を上げた分回せばかなり明るくなったからま〜いいか(^^ゞ
    
    といった具合で当初の目的はほぼ達成できました。
    最初はどうなるかと思いましたが電気音痴でもやればなんとかなるものですね!
    この作業を通して苦手だった電気メンテが少し楽しくなったような気がします♪
    
    みなさんも、同じような症状でお困りの方はぜひ挑戦してみて下さい!
    ただし、お決まりですが結果は全て自己責任でお願いします。
    


←BIKEへ戻る