ロンスイ装着!

ロングスイングアーム・・・略してロンスイ
性能面はともかく、ただ取り付けるだけで
見た目のインパクトは一気にパワーアップしますよね!?
モノ好きの興味をそそります・・・

しかし、DAX用のロンスイを探すとなるとこれがなかなか大変(ーー;)
モンキーやゴリラの物は星の数ほどありますがDAX用となると・・・ない!?
近年になって数社からアルミ製の物が発売されてはいますが
どれもお財布には厳しい状況で貧乏人には高嶺の花・・・
ところがある日、某オークションを覗いてたら不思議なロンスイを発見!
ラッキーにも格安で落札する事が出来ました♪

やってきたロンスイは6センチロングのスーパーモンキー製
素材はアルミではなく、渋く男らしい?鉄!
しかも、再塗装しようと剥離してみたら、下地はなんときれいなメッキ!
私にとっては願ったりかなったりの状況です(^o^)丿

さて、気になる装着の結果はというと・・・
見た目はダートラかヒルクライムのマシンみたいでなかなかの雰囲気♪
そして驚いたのがハンドリング!
ハンドルを低い物に交換していたせいか、フロントに感じていた高速時や旋回時の
不安定感や低速時のいやな切れ込み感がほとんど無くなりました。

ノーマルスタイルのキュートさが無い・・・タンデムが出来ない・・・とか
加速が鈍った・・・重い・・・線が細い・・・などなど
細かい所では気になる所も多少ありますが全然問題ナシ!
だってかっこいいから(^^ゞ


 ロンスイ装着後の外観は・・・
装着前 装着後
この違い6センチ!分かってもらえます?マフラーじゃないですよ(笑)
 クローズアップ!
ロンスイ
ロンスイの全体像です


第一次DAXブーム?の頃に発売されてたらしい
スーパーモンキー製のロンスイです。
素材は鉄で、約6センチロングです。
くたびれた塗装の下地は
メッキでした!(ラッキー♪)

えっ?線が細い!?・・・ふふっそれがいいんです(^^)
ブレーキ周り
リアブレーキ周りです

せっかくのロンスイだからとアクスルシャフトの位置を
後ろ気味にしたので、ノーマルのブレーキロッドでは
目一杯の状況です・・・(アームの調整で対処してます)

チェーン引きにはロングナット(ちょっと長過ぎ・・・)
を回り止めに使ってます。
聞いた話だとネジ山にもやさしいみたいですよ!

チェーン
スプロケ周りです

チェーンに2箇所の連結クリップがある訳は・・・
最初、一番前気味でセッティングしてみたけど
見た目の変化にインパクトが足りなかったので
後ろ気味にするため強引に付け足した・・・
という
お粗末な行動の結果です(^^ゞ

あぶないので真似しないで下さいね!(誰もしないって)



←BIKEへ戻る