「ブワーッ・ブワーッ・ブワーッ・ボヨ〜ン・・・」
6Vの4速DAXにお乗りの方、身に憶えがありませんか?
3速まではスムーズなのに4速に入れたとたんアレレ〜ってこと(^^)
一説だとミッションの保護を目的に4速をわざと離してるらしいのですが
これだとスプロケの選定にも悩むし、第一乗ってて気持ち良くない・・・(+_+)
そこで一大決心!クロス化する事にしました(・o・)

しかし、ここで大問題!クロス化には腰下をバラす必要が・・・
でも、どうせバラしてみたかった(笑)のでいい機会です(^^ゞ
肝心のギアの選択は、ホンダの純正品を流用するという裏技もあるそうですが
クリアランスやその他の問題も含めて、知識と経験が乏しい私には難しそうなので
無難?に「
早矢仕の4速用トップクロスギア(\6,500)」を使うことにしました。

ポジション 仕様 メインギア カウンターギア 減速比
1速 STD 13 35 2.692
2速 STD 17 31 1.824
3速 STD 20 26 1.300
早矢仕 20 27 1.350
4速 STD 24 23 0.958
早矢仕 22 24 1.091

上記の通り、このキットには4速ギアだけでなく3速ギアもセットされており
クリアランス調整用のワッシャーも同封されています。
購入の際、強くロータリーからリターン式への変更を勧められたので
一緒にシフトドラムとシフトフォーク(\8,780円)も購入しました(^^ゞ

心配だった組み込み作業の方は、基本的な注意事項(外した順番を憶えておくとか
外した部品にはゴミ等が付着しないよう気を付ける等)を守ってキットの説明書通り
慎重?に作業を進めた結果、途中いくつかのトラブルはありましたが
メンテビギナーでもなんとかなりました・・・(^^ゞ

さて、気になる組み込み後の走りはというと・・・
こりゃ〜いい〜♪
気になっていた4速に入れたとたんの落ち込みもどこへやら!
ウルトラスムーズになりました。(街乗りに最高!)
もう1速欲しくなるくらいです・・・リターン式にしておいて良かった(^^ゞ

とにかく効果覿面!気持ち良いの一言ですよ♪




 ・腰下はこんな感じ!

これが腰下の正体!


赤い矢印
がミッションギア(メイン・カウンター)
青い矢印はシフトドラムです。

ちなみに「早矢仕」仕様の減速比は
モンキーR・RTの3速・4速と同じらしい・・・


ジャ〜ン!ここで間違い探しクイズ(^^)

左の画像には
かなり大きな間違いがあります(^^ゞ
ヒントは黄色い矢印のあたり(笑)
どうです、分かりましたか?ある物が逆に付いてます・・・
絶対真似しないで下さいね!(普通しないって・・・)

ちなみに、私はクラッチ組付け時まで気が付きませんでした・・・
 ・バラすのに使った工具たち 〜無いと困る工具〜

腰下をバラスにはそれなりの工具が必要です!

1・フライホイールプーラー
2・クラッチロックナットレンチ(タガネでもOKらしい・・・)
3・フライホイールホルダー(ステーでの自作品)
4・スナップリングプライヤー
5・ショックドライバー(ケースを割るならコレ!)


←BIKEへ戻る